テクノグローバル

時代の要請に応えられる有意な“人材育成”

産業界を取り巻く環境が大きく変化する時代には、技術革新の動向を的確に把握するとともに、新技術の集合に適応できる人材の育成が極めて重要になってきます。テクノグローバルでは、ロボットを配置した1階の演習室と各種実習ができる2階の研修室を有機的に活用した授業を提供します。

新技術の集合に対応できる人事の育成

企業が大きな期待を寄せているファクトリーオートメーション(FA)人材の育成に向けて、IoTやロボットのオペレーション、プログラミングなどを座学だけではなく、実際にロボットやIoT 機器を使った実践演習にてトレーニングしてまいります。教育には2つの方針で取り組みます。

  1. モノづくり現場の安定と継続操業のため、堅実なオペレーション手法を学び、熟練者から技の継承を行います。
  2. モノづくり設備の変化と進化に適応すべく、常に新しい技術トレンド教育の場を提供していきます。

教育センター テクノグローバル
https://tgc.humanitec.ac.jp/

TGC Topics

1 階 演習室

複数メーカの本格的な産業用ロボット群を操作し、
IoTの実践演習を行います。

2 階 研修室

FA 設備の中核機器であるPLC、AC サーボ、視覚装置の操作教育に加え、
本質安全ロボット、3D-CAD、ソフト開発、品質管理など実践研修を行います。

1.テクノグローバルの教育方針

企業に向けて広く門戸を開く

企業の即戦力となる人材を育成するとともに、企業のニーズに沿って短期集中で学べるコースも用意して多才な人材を育成。

実践演習中心の研修で、プロフェッショナルから「ノウハウ」を継承

E-Learningで事前に基本情報をインプットし、講義では基本情報を使える知識へ体系化。
さらに実践演習で知識を知恵に熟成させ、プロフェッショナルからノウハウが継承できる教育環境を提供。

2.ロボット研修

テクノグローバルでは、単体操作の知識だけでは不十分と考え、実際の設備に近い環境で、知恵を使い操作出来る人材を育成します。

ロボット研修の特徴

  • パソコン上のオフライン研修と実際のロボット操作
  • 複数ロボットの連携操作
  • 異なるメーカーのロボット操作

ロボット操作演習教育環境の充実

  • ユニット演習室にて、机上に配置された本質安全ロボットの操作演習
  • システム演習室にて、実際のモノづくり設備で求められる操作演習
    (複数のロボット連携操作、協調制御、付加軸連携制御、部品数管理など)

3.IoT研修

IoTシステムを構築するためFA機器の全体構造を把握し、各データの意味、重みを理解できる人材を育成します。

IoT研修の特徴

  • 主要FA機器の基本操作を学び、目的に応じたデータ収集
  • KPIの意味合いを理解し、品質管理に裏付けされた普遍的な数値処理、(KPI:重要業績評価指標)
  • IoTミドルウェアを活用し、設備の多様性と変化に対応
  • 上位のコンピューターシステム及びクラウドとの連携体験による、全体的なIoT構築構想

モノづくり現場に近い教育環境の充実

  • 主要FA機器の操作、KPI、品質管理研修
  • IoTミドルウェア、IoTデータ処理、クラウド連携研修
  • 産業用ロボット操作演習
  • IoTシステム総合演習

これらを支えるIoTに適した高速ネット環境